新着情報

rss
海外技術提携 最新情報
2018/08/25 
海外技術提携 最新情報
2018年7月〜8月にかけてドイツ・フランス・イタリア・イギリスと
ヨーロッパの提携先と同行して製品納入実績のある
アミューズメントパークや劇場のバックステージツアーを行って参りました。

ドイツでは当社が日本市場正規代理店
(Gerriets Japan Authorized Dealer)として提携している
ゲレッツ社 「Gerriets GmbH」の本社から新築増築された
フランス工場でのプロジェクトの打ち合わせから始め
納入実績のあるアミューズメントパークへのバックステージツアーを行いました。

イタリアでは世界三大劇場の一つであるミラノ・スカラ座
「Teatro Alla Scala」のバックステージツアーを行い
大道具納入製品のチェック、ヴェローナへ移動して世界最大の
野外劇場であるヴェローナ・アリーナ「Arena di Verona」にて
バックステージツアー、オペラ観劇。

日本でまだ導入されていない仕掛け道具やファブリックなどの
最新マテリアルなど、当社ではお客様のお求めになられている
イメージを忠実に再現するための材料や情報を豊富に
持ち合わせております。

お困りの際はお気軽にお問い合わせください。
納入実績
2018/06/01 
納入実績
先日、東京・恵比寿「EBiS303 イベントホール」にて開催されていたアート展
「加山又造展〜Re又造 MATAZO KAYAMA〜」にて当社が
会場装飾製作を担当させて頂き、装飾幕類を御選定頂きました。
https://rematazo.tokyo/#works

加山又造氏とは・・・
100年に一人の天才と言われる、日本を代表する日本画家。
亡くなられる2004年まで生涯で多くの作品を残されました。
「春秋波濤」「千羽鶴」「おぼろ」「墨龍」「裸婦」など、実に多種多様な作品に挑戦し「日本のピカソ」と評する人もいます。
1927年、京都府に西陣織の図案家の子として生まれる。京都市立美術工芸学校(現京都市立銅駝美術工芸高等学校)、東京美術学校(現東京芸術大学)を卒業。山本丘人に師事。1966年多摩美術大学教授、1988年東京芸術大学教授に就任。東京芸術大学名誉教授。日本画の伝統的な様式美を現代的な感覚で表現した。1997年文化功労者に選ばれ、2003年文化勲章を受章。

アートは敷居が高いと思っている人の楽しみ方を少し変えたい。
アートは最高のコミュニケーションツールになるはずである。
そんな想いから、今回のアート展の構想が始まりました。
絵という“モノ”をただ鑑賞するのではなく、加山又造の人生や
作品の背景にある物語を知り
皆さん自身と共通の“コト”を感じてもらいたい。
そして、その視点を通して作品を鑑賞することで今までと違う
アートの楽しみ方に触れてもらいたい。
アートを通じて一番親しい人ともっと繋がれる。
そんな思いのこもったアート展でした。

当社では映写用のプロジェクションファブリック
デザイン出力メッシュ天幕
和紙デザイン出力バナー等を担当させていただきました。
この様な名誉ある方のプロジェクトに携われた事
選定していただいた事
経験させていただけた事に感謝致します。

© Re 又造
撮影:株式会社ピップス
ページTOPへ